運転資金の算定方法その1(BS勘定科目から出す方法)

必要な運転資金、すなわち、ものを仕入れて、売るという営業活動に必要な資金の算定方法です。
①BSの勘定科目から出す方法
②棚卸資産等の回転期間から出す方法
この2つを紹介しましょう。今回は、①BSの勘定科目から出す方法です。

運転資金=売上債権+棚卸資産-買入債務
が運転資金となります。まだお金になっていない売上債権と棚卸資産から、まだお金を支払っていない買入債務を差し引いた分が、営業のために調達した運転資金になるわけです。

仮に、この運転資金が900万円、売上が7,200万円だとすると、運転資金の売上に対する要調達率が12.5%となります。

この運転資金の売上に対する要調達率 を使うと、売上が増加した場合、どれだけの運転資金を新たに必要となるか、算定できます。
新に調達する運転資金=増加売上×運転資金の売上に対する要調達率

 たとえば、売上が1,800万円増加し10,000万円になる場合、1,800万円×12.5%=225万円の新たな運転資金が必要になるわけです。