流動比率

流動比率=流動資産÷流動負債
企業の短期的な支払い能力(安全性)を図る指標であり、少なくとも100%以上、一般的には150%以上が望ましいとされる。
計算しなくとも、貸借対照表の流動資産>流動負債か、まず必ず確かめること。