不正のトラインアングル

米国の組織犯罪の研究者ドナルド・R・クレッシーが体系化した、犯罪者ではない普通の人が不正を引き起こす3つの要素のこと。動機・プレッシャー、機会、正当化の3つ、これがそろったときに不正を起すことがある。したがって、これらの要素を排除することができれば、不正防止対策になるわけであり、国際的に公認会計士の監査アプローチにも取り入れられている考え方である。