中小企業

法律等によりその範囲は様々である。
一般的に、税務上は資本金1億円未満の企業を中小企業ということが多い。会計上は、上場していない企業又は会計監査が行われない資本金5億円未満又は負債200億円未満の大企業グループに所属しない企業を指すことが多い。