経営

企業の負担する社会保険料について検討し、企業と従業員の支払っている社会保険料の節減を図ること。

老舗とは、先祖代々にわたった続く、店舗、企業等をいう。長年に渡って築かれてきた確固たるブランド力、豊富なノウハウ、そして信用が最大の強みである。安定力があるが、時代に乗り遅れてしまい倒産するケース、逆にニッチなニーズに即し急成長するケースもある。

ファミリービジネスとは、創業から現在の経営まで、創業一族によって支配所有されている企業をいう。日本は、ほとんどの企業がファミリービジネスであり、また大企業であってもファミリービジネスは存在する。長期的なビジョンをもち利害関係者等と強い関係を構築することができるという利点がある反面、その閉鎖性による弊害となる欠点もある。そのバランスがファミリービジネスの成功のカギでもある。

経営戦略立案・実行のためのフレームワーク。各視点(財務、顧客、業務プロセス、人材と変革)ごとに重要な成功要因を可視的に表現して、利用できることが特徴。

内部の強み(S)弱み(W)、外部の機会(O)脅威(T)を分析し、企業又は事業の位置づけについて分析する手法。

要約すると、差別化、低価格(コストリーダー・シップ)、一定の分野へ特化、の3ついずれかになるといわれている。

企業の財務体質が悪化した場合に、企業を清算させることなく、事業を再生させて継続させることをいう。会社や企業に拘らず、事業に注目して行われるため、企業再生ではなく、事業再生と一般的に言われる。

企業の合併、買収のことをいう。一般的には、広く他の会社や事業を取得する戦略の全般を指す。

役員が、その企業や事業を買収することを指す。買収対抗策、役員の独立、いずれにも利用される。

企業またはグループから、一定の事業や会社を切り離して独立させることをいう。

1   2