法定相続人

民法の規定により相続人となる者。法定相続人になれるのは、配偶者、子、父母、兄弟姉妹。一般的な例として、相続人が妻、子2人の場合、法定相続分は配偶者1/2、子1/4、子1/4となる。