代襲相続

代襲相続とは、相続をすべき相続人が亡くなっていた場合等に、その子が相続すること。一般的な例として、子が亡くなっていて孫が相続すること。