公認会計士、税理士、会計事務所、税理士事務所、税理士法人、監査法人の違いはなんですか?

公認会計士は、会計と会計監査の専門家であり、主として会計監査を中心的な業務としていますが、コンサルティング、税理士登録している者は税務業務を行う者も多く、また中小企業から大企業まで幅広く関与しています。業界の特徴として、ほとんどの者がBIG4と言われるグルーバル・ファームと提携している大手監査法人グループに所属していますが、独立し税理士登録のうえ税理士業務を中心として業務を行っている者も多く存在します。また、試験合格後から起算する実務経験が必要であり、さらに公認会計士登録のための再度の試験合格が必要であるため、独立開業した公認会計士であってもほとんどの者がいずれかのBIG4系の大手監査法人グループでの実務経験・バックボーンを持っています。ある意味金太郎あめ的なところもあります。

税理士は、税法の専門家であり、主として税務業務を中心的な業務としています。一部大規模税理士法人に所属している者は高度の税務コンサルティング等を大企業等を対象として幅広く行っています。業界の特徴として、公認会計士のようにBIG4系大規模法人の寡占にはありません。また、税理士試験全科目合格者、大学院卒業等による一部試験免除者、国税OBなど多様な資格者がいます。今のところ、実務経験は試験合格前のものも考慮されます。したがって、実務経験・バックボーンも多様な方が多いです。ある意味複数民族的なところがあります。

会計事務所、税理士事務所はいわゆる名称で、基本的には同じ業務を行っています。
税理士法人は、税理士2名以上で会社形態にしている税理士事務所のことをいいます。ほとんどが小規模の税理士法人で占められており、有資格者と無資格の職員という構成が一般的です。
監査法人とは、公認会計士5人以上で会社形態にしている公認会計士事務所です。主として上場会社等大企業に対して、会計監査を行っています。上場企業等大企業はグローバルにグループ会社を持つところが多く、BIG4と呼ばれるグローバル・ファームと提携しないと業務が成立しないため、BIG4系大監査法人グループの寡占状態になっています。監査法人は、すべて有資格者の職員という構成が一般的です。

なお、日本のような税理士制度のある国は、ドイツ等国際的には非常にまれであり、国際的には、会計・税務の専門家が分かれていることはありません。したがって、各国では公認会計士が会計監査、税務、財務系コンサルティングを行っています。