相続119番

起業 相続 税務調査(直通03-3531-3353)青山アクセス税理士法人・田中公認会計士事務所
代表社員 公認会計士税理士元国税調査官 田中秀一郎(たなかしゅういちろう)
お気軽にお電話ください。

相続税の申告報酬の目安

法定相続人の人数、財産の種類(金融資産、不動産など)、財産の金額、相続税法等上の特例の適用の有無(小規模宅地など)、
などなど、によって一概には言えません。複雑・高額であれば高くなりますし、逆に単純・少額であれば低くなります。
また申告まで1、2か月しかないとか、期限的に緊急な場合には、実際に申告する方もかなり大変になりますので、高くなります。
とはいっても、相談する前に、なんらか目安はほしいところですよね。
ざっくりではありますが、遺産の総額のだいたい0.5%から1%が目安です。1億で50万円から100万円、10億で500万円から1000万円と言う事になります。

 

起業 相続 税務調査(直通03-3531-3353)青山アクセス税理士法人・田中公認会計士事務所
代表社員 公認会計士税理士元国税調査官 田中秀一郎(たなかしゅういちろう)
お気軽にお電話ください。

弔慰金を受け取ったときの取扱い
(国税庁QA)

被相続人の死亡によって受ける弔慰金や花輪代、葬祭料などについては、通常相続税の対象になることはありません。
 しかし、

1 被相続人の雇用主などから弔慰金などの名目で受け取った金銭などのうち、実質上退職手当金等に該当すると認められる部分は相続税の対象になります。

2 上記1以外の部分については、次に掲げる金額を弔慰金等に相当する金額とし、その金額を超える部分に相当する金額は退職手当金等として相続税の対象となります。

(1) 被相続人の死亡が業務上の死亡であるとき
 被相続人の死亡当時の普通給与の3年分に相当する額

(2) 被相続人の死亡が業務上の死亡でないとき
 被相続人の死亡当時の普通給与の半年分に相当する額

(注)普通給与とは、俸給、給料、賃金、扶養手当、勤務地手当、特殊勤務地手当などの合計額をいいます。

起業 相続 税務調査(直通03-3531-3353)青山アクセス税理士法人・田中公認会計士事務所
代表社員 公認会計士税理士元国税調査官 田中秀一郎(たなかしゅういちろう)
お気軽にお電話ください。

弔慰金を受け取ったときの取扱い 
(国税庁QA)

 被相続人の死亡によって受ける弔慰金や花輪代、葬祭料などについては、通常相続税の対象になることはありません。
 しかし、

1 被相続人の雇用主などから弔慰金などの名目で受け取った金銭などのうち、実質上退職手当金等に該当すると認められる部分は相続税の対象になります。

2 上記1以外の部分については、次に掲げる金額を弔慰金等に相当する金額とし、その金額を超える部分に相当する金額は退職手当金等として相続税の対象となります。

(1) 被相続人の死亡が業務上の死亡であるとき
 被相続人の死亡当時の普通給与の3年分に相当する額

(2) 被相続人の死亡が業務上の死亡でないとき
 被相続人の死亡当時の普通給与の半年分に相当する額

(注)普通給与とは、俸給、給料、賃金、扶養手当、勤務地手当、特殊勤務地手当などの合計額をいいます。

神宮前で、起業 相続 税務調査(直通03-3531-3353)青山アクセス税理士法人・田中公認会計士事務所
代表社員 公認会計士税理士元国税調査官 田中秀一郎(たなかしゅういちろう)
お気軽にお電話ください。

遺族の方が取得する年金受給権 ((koこ
(国税庁QAより)

年金には国民年金や企業年金、その他個人年金保険契約に基づく年金など様々な種類の年金があります。
 死亡した人から遺族の方が取得する年金受給権については、年金の種類などによって相続税の課税が異なります。ここでは主なケースを二つ説明します。
 一つは、在職中に死亡し、死亡退職となったため、会社の規約等に基づき、会社が運営を委託していた機関から遺族の方に退職金として支払われることになった年金です。この年金は死亡した人の退職手当金等として相続税の対象となります。
 もう一つは、保険料負担者、被保険者、かつ、年金受取人が同一人の個人年金保険契約で、その年金支払保証期間内にその人が死亡したために、遺族の方が残りの期間について年金を受け取ることになった場合です。この場合、死亡した人から年金受給権を相続により取得したものとみなされて相続税の対象となります。
 年金受給権が相続税の対象となるときの価額の評価は、相続税法第24条の規定に基づき解約返戻金相当額などにより評価します。
 なお、厚生年金や国民年金などを受給していた人が死亡したときに遺族の方に対して支給される遺族年金は、原則として所得税も相続税も課税されません。また、死亡したときに支給されていなかった年金を遺族の方が請求し支給を受けた場合は、その遺族の方の一時所得となり、相続税はかかりません。

青山通りで、起業 相続 税務調査(直通03-3531-3353)青山アクセス税理士法人・田中公認会計士事務所
代表社員 公認会計士税理士元国税調査官 田中秀一郎(たなかしゅういちろう)
お気軽にお電話ください。

遺族の方が取得する年金受給権  ((koこ
(国税庁QAより)

年金には国民年金や企業年金、その他個人年金保険契約に基づく年金など様々な種類の年金があります。
 死亡した人から遺族の方が取得する年金受給権については、年金の種類などによって相続税の課税が異なります。ここでは主なケースを二つ説明します。
 一つは、在職中に死亡し、死亡退職となったため、会社の規約等に基づき、会社が運営を委託していた機関から遺族の方に退職金として支払われることになった年金です。この年金は死亡した人の退職手当金等として相続税の対象となります。
 もう一つは、保険料負担者、被保険者、かつ、年金受取人が同一人の個人年金保険契約で、その年金支払保証期間内にその人が死亡したために、遺族の方が残りの期間について年金を受け取ることになった場合です。この場合、死亡した人から年金受給権を相続により取得したものとみなされて相続税の対象となります。
 年金受給権が相続税の対象となるときの価額の評価は、相続税法第24条の規定に基づき解約返戻金相当額などにより評価します。
 なお、厚生年金や国民年金などを受給していた人が死亡したときに遺族の方に対して支給される遺族年金は、原則として所得税も相続税も課税されません。また、死亡したときに支給されていなかった年金を遺族の方が請求し支給を受けた場合は、その遺族の方の一時所得となり、相続税はかかりません。 

 自由が丘 奥沢  相続にお困りなら、相続119番!代表者直通ホットライン 青山アクセス税理士法人・田中公認会計士事務所へ
03-3531-3353(代表社員田中:直通電話)

青山アクセスグループは、相続に詳しい司法書士、不動産取引に詳しい不動産鑑定士、
抜群の信頼と安心感、数少ない元国税調査官の公認会計士/税理士が将来にも役立つお手伝いをいたします。一カ所ですべて相談できるのがたいへん便利と大好評です。また、元国税調査官だから、将来、税務調査が来てもバッチリ安心。
まずは、無料相談から、安心してお問合せください。

<相続税のしくみ>
相続人の範囲や法定相続分は、民法で次のとおり定められています。

(1) 相続人の範囲
 死亡した人の配偶者は常に相続人となり、配偶者以外の人は、次の順序で配偶者と一緒に相続人になります。

第1順位
 死亡した人の子供
 その子供が既に死亡しているときは、その子供の直系卑属(子供や孫など)が相続人となります。子供も孫もいるときは、死亡した人により近い世代である子供の方を優先します。

第2順位
 死亡した人の直系尊属(父母や祖父母など)
 父母も祖父母もいるときは、死亡した人により近い世代である父母の方を優先します。
 第2順位の人は、第1順位の人がいないとき相続人になります。

第3順位
 死亡した人の兄弟姉妹
 その兄弟姉妹が既に死亡しているときは、その人の子供が相続人となります。
 第3順位の人は、第1順位の人も第2順位の人もいないとき相続人になります。

(2) 法定相続分

イ 配偶者と子供が相続人である場合
 配偶者1/2 子供(2人以上のときは全員で)1/2

ロ 配偶者と直系尊属が相続人である場合
 配偶者2/3 直系尊属(2人以上のときは全員で)1/3

ハ 配偶者と兄弟姉妹が相続人である場合
 配偶者3/4 兄弟姉妹(2人以上のときは全員で)1/4

 なお、子供、直系尊属、兄弟姉妹がそれぞれ2人以上いるときは、原則として均等に分けます。
 また、民法に定める法定相続分は、相続人の間で遺産分割の合意ができなかったときの遺産の取り分であり、必ずこの相続分で遺産の分割をしなければならないわけではありません。


青山アクセス税理士法人
03-3531-3353(直通)
代表社員田中が直接お電話に出ます。お気軽にお電話ください!
なお、移動中はお電話に出れない場合がありますので、ご了承ください。

港区南青山2-22-2
URL:http://www.tanaka-cpaoffice.com
e-mail: s.tanaka@acszeiri.com

渋谷区 千駄ヶ谷  相続にお困りなら、相続119番!代表者直通ホットライン 青山アクセス税理士法人・田中公認会計士事務所へ
03-3531-3353(代表社員田中:直通電話)

青山アクセスグループは、相続に詳しい司法書士、不動産取引に詳しい不動産鑑定士、
抜群の信頼と安心感、数少ない元国税調査官の公認会計士/税理士が将来にも役立つお手伝いをいたします。一カ所ですべて相談できるのがたいへん便利と大好評です。また、元国税調査官だから、将来、税務調査が来てもバッチリ安心。
まずは、無料相談から、安心してお問合せください。

<相続税のしくみ>
相続人の範囲や法定相続分は、民法で次のとおり定められています。

(1) 相続人の範囲
 死亡した人の配偶者は常に相続人となり、配偶者以外の人は、次の順序で配偶者と一緒に相続人になります。

第1順位
 死亡した人の子供
 その子供が既に死亡しているときは、その子供の直系卑属(子供や孫など)が相続人となります。子供も孫もいるときは、死亡した人により近い世代である子供の方を優先します。

第2順位
 死亡した人の直系尊属(父母や祖父母など)
 父母も祖父母もいるときは、死亡した人により近い世代である父母の方を優先します。
 第2順位の人は、第1順位の人がいないとき相続人になります。

第3順位
 死亡した人の兄弟姉妹
 その兄弟姉妹が既に死亡しているときは、その人の子供が相続人となります。
 第3順位の人は、第1順位の人も第2順位の人もいないとき相続人になります。

(2) 法定相続分

イ 配偶者と子供が相続人である場合
 配偶者1/2 子供(2人以上のときは全員で)1/2

ロ 配偶者と直系尊属が相続人である場合
 配偶者2/3 直系尊属(2人以上のときは全員で)1/3

ハ 配偶者と兄弟姉妹が相続人である場合
 配偶者3/4 兄弟姉妹(2人以上のときは全員で)1/4

 なお、子供、直系尊属、兄弟姉妹がそれぞれ2人以上いるときは、原則として均等に分けます。
 また、民法に定める法定相続分は、相続人の間で遺産分割の合意ができなかったときの遺産の取り分であり、必ずこの相続分で遺産の分割をしなければならないわけではありません。


青山アクセス税理士法人
03-3531-3353(直通)
代表社員田中が直接お電話に出ます。お気軽にお電話ください!
なお、移動中はお電話に出れない場合がありますので、ご了承ください。

港区南青山2-22-2
URL:http://www.tanaka-cpaoffice.com
e-mail: s.tanaka@acszeiri.com

中央区 月島  相続にお困りなら、相続119番!青山アクセス税理士法人・田中公認会計士事務所へ
03-3531-3353(代表社員田中:直通電話)

青山アクセスグループは、相続に詳しい司法書士、不動産取引に詳しい不動産鑑定士、
抜群の信頼と安心感、数少ない元国税調査官の公認会計士/税理士が将来にも役立つお手伝いをいたします。一カ所ですべて相談できるのがたいへん便利と大好評です。また、元国税調査官だから、将来、税務調査が来てもバッチリ安心。
まずは、無料相談から、安心してお問合せください。

<相続税のしくみ>
相続人の範囲や法定相続分は、民法で次のとおり定められています。

(1) 相続人の範囲
 死亡した人の配偶者は常に相続人となり、配偶者以外の人は、次の順序で配偶者と一緒に相続人になります。

第1順位
 死亡した人の子供
 その子供が既に死亡しているときは、その子供の直系卑属(子供や孫など)が相続人となります。子供も孫もいるときは、死亡した人により近い世代である子供の方を優先します。

第2順位
 死亡した人の直系尊属(父母や祖父母など)
 父母も祖父母もいるときは、死亡した人により近い世代である父母の方を優先します。
 第2順位の人は、第1順位の人がいないとき相続人になります。

第3順位
 死亡した人の兄弟姉妹
 その兄弟姉妹が既に死亡しているときは、その人の子供が相続人となります。
 第3順位の人は、第1順位の人も第2順位の人もいないとき相続人になります。

(2) 法定相続分

イ 配偶者と子供が相続人である場合
 配偶者1/2 子供(2人以上のときは全員で)1/2

ロ 配偶者と直系尊属が相続人である場合
 配偶者2/3 直系尊属(2人以上のときは全員で)1/3

ハ 配偶者と兄弟姉妹が相続人である場合
 配偶者3/4 兄弟姉妹(2人以上のときは全員で)1/4

 なお、子供、直系尊属、兄弟姉妹がそれぞれ2人以上いるときは、原則として均等に分けます。
 また、民法に定める法定相続分は、相続人の間で遺産分割の合意ができなかったときの遺産の取り分であり、必ずこの相続分で遺産の分割をしなければならないわけではありません。

 
青山アクセス税理士法人
03-3531-3353(直通)
代表社員田中が直接お電話に出ます。お気軽にお電話ください!
なお、移動中はお電話に出れない場合がありますので、ご了承ください。

港区南青山2-22-2
URL:http://www.tanaka-cpaoffice.com
e-mail: s.tanaka@acszeiri.com

外苑前  相続にお困りなら、相続119番!青山アクセス税理士法人・田中公認会計士事務所へ
03-3531-3353(代表社員田中:直通電話)

青山アクセスグループは、相続に詳しい司法書士、不動産取引に詳しい不動産鑑定士、
抜群の信頼と安心感、数少ない元国税調査官の公認会計士/税理士が将来にも役立つお手伝いをいたします。一カ所ですべて相談できるのがたいへん便利と大好評です。また、元国税調査官だから、将来、税務調査が来てもバッチリ安心。
まずは、無料相談から、安心してお問合せください。

<相続税のしくみ>
相続税は、相続や遺贈によって取得した財産及び相続時精算課税の適用を受けて贈与により取得した財産の価額の合計額(債務などの金額を控除し、相続開始前3年以内の贈与財産の価額を加算します。)が基礎控除額を超える場合にその超える部分(課税遺産総額)に対して、課税されます。この場合、相続税の申告及び納税が必要となり、その期限は、被相続人の死亡したことを知った日の翌日から10か月以内です。
 (注)被相続人とは、死亡した人のことをいいます。

基礎控除額は、現在 5,000万円+1,000万円×法定相続人数 です。

青山アクセス税理士法人
03-3531-3353(直通)
代表社員田中が直接お電話に出ます。お気軽にお電話ください!
なお、移動中はお電話に出れない場合がありますので、ご了承ください。

港区南青山2-22-2
URL:http://www.tanaka-cpaoffice.com
e-mail: s.tanaka@acszeiri.com

江東区大島  相続にお困りなら、相続119番!青山アクセス税理士法人・田中公認会計士事務所へ
03-3531-3353(代表社員田中:直通電話)

青山アクセスグループは、相続に詳しい司法書士、不動産取引に詳しい不動産鑑定士、
抜群の信頼と安心感、数少ない元国税調査官の公認会計士/税理士が将来にも役立つお手伝いをいたします。一カ所ですべて相談できるのがたいへん便利と大好評です。また、元国税調査官だから、将来、税務調査が来てもバッチリ安心。
まずは、無料相談から、安心してお問合せください。

<相続税のしくみ>
相続税は、相続や遺贈によって取得した財産及び相続時精算課税の適用を受けて贈与により取得した財産の価額の合計額(債務などの金額を控除し、相続開始前3年以内の贈与財産の価額を加算します。)が基礎控除額を超える場合にその超える部分(課税遺産総額)に対して、課税されます。この場合、相続税の申告及び納税が必要となり、その期限は、被相続人の死亡したことを知った日の翌日から10か月以内です。
 (注)被相続人とは、死亡した人のことをいいます。

 基礎控除額は、現在 5,000万円+1,000万円×法定相続人数 です。

青山アクセス税理士法人
03-3531-3353(直通)
代表社員田中が直接お電話に出ます。お気軽にお電話ください!
なお、移動中はお電話に出れない場合がありますので、ご了承ください。

港区南青山2-22-2
URL:http://www.tanaka-cpaoffice.com
e-mail: s.tanaka@acszeiri.com

1